« 一宮ビッグドリーム買った | トップページ | そうですか、 »

2009年12月31日 (木曜日)

なんとか治療がかなったようですね……

まあ、ほんと、歯だけは、医者に行った方がいいと思います。

市販の鎮痛剤とか、あと、知覚過敏用の歯磨き、なんてのは、まさに「蟷螂の斧」ていうか、無駄な抵抗、ていうか、時間が経過する分、事態を悪化させるだけだと思います。

近所付き合いがあれば、口コミでいい歯科医を選べるかもしれないけど、コミュニケーションがないとどうしようもないし。

ああ、あと、一般的には、「(初診は別として、)予約制で、ちゃんと医師も患者も時間厳守のタイプの歯科医院の方がいい」、といわれているみたいですね。

美容室とか、接骨院なんかだと、時間を完全に計算できるわけですが、歯科の場合、そうもいかんだろう!? と、ととろは思うこともあります。時間が完全に予定どおり進行する、ということは、医師の診察時間がやや余裕が有る感じで予約を埋めている、ということだろう、と、それは逆にいえば、患者が押し寄せるほどは来ていない、ということで、それは言い換えれば、その地域で一番ではない、ということかもしれません。

日経の夏場の長期連載で、行動経済学的の特集があったんですが、こんな例がでていました。

ラーメン屋で長蛇の列ができることがある。他にすいている店はある。こういう場合は、このラーメン屋は値上げすることもできるが、しないこともある。値上げしないと、相変わらずこむわけだが、そのことによって、店は、客を選別している、というのです。つまり、またされてもこの店がよい、という客が残るわけでファンをつくっているわけですね。いま、記憶で書いてます。元気があったら、またこの記事は紹介します……。ほかにも興味深い考察がいろいろでていました。

歯科医も、予約がずぼらで、いついっても混む、というようなところは、時間にうるさいひとは行かなくなる一方で、ファンは固定化するのかもしれません。またされても、その歯科医が良い、と感じているわけです(もしよくないなら、当然見限る)。つまり、いつもこんでる、またされるところは、またされてもその医師が良い、という患者が多いわけで、これは、腕が良いからこそ混む、という仮説もありえるわけです。

だから、「予約厳守の歯科医は優秀」の「裏」(中学の数学を思い出して。逆、裏、対偶、のうちの裏です)の「予約厳守でない歯科医は優秀でない」は必ずしも成り立たないと考えられます。

 

|(歯)医者、自動車教習所、古本屋…、

|この系統の「怖いおやじ」が淘汰された感じですな

椎名誠の「さらば国分寺書店のオババ」は、まさにまさに、こわいおばばでしたね……。

近所の古書店のオババも、あんな感じです。

あんな感じのオババのクリーニング店もあります。ととろは、あすこだけはもう絶対に行かない。

« 一宮ビッグドリーム買った | トップページ | そうですか、 »

コメント

つか、立ち読みで恐縮ですが、今、「容疑者トーゴー」の回、読みました。
なんか「トーゴーさん」というのは、税金みたいで良いですな
あと、ソーサーをKARATEで真っ二つというのは、アリなんすか?
ちょっと、切れ味鋭すぎる気も…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一宮ビッグドリーム買った | トップページ | そうですか、 »