« タイムマシンは発明されていた! | トップページ | さかなクン »

2010年12月30日 (木曜日)

F東

の逆転ロスタイム負けで、ギタリストはがっくりきてましたねー。

「今年は、先制して、追いつかれ、終了間際に逆転されて敗北、ばっかりだ」

とぼやいていました。

確かにそうぼやきたくもなるでしょう。

1点目の平山のオーバーヘッド先制弾は、ギタリストは「キター! 平山覚醒!」とかとおもったらしいですが、しかし、まあ終わってみれば、シーズン中と同じ試合展開……。

特に彼が強調したのは、「退場者が出た時点で同点だったので、東京としては守備をかためてPK戦に持ち込むのがセオリー。(同感だ。)ところが大熊監督は、なにを考えたのか、攻めあがるよう指示を出していた。大熊もう辞めろょ」といっていました。わら 負けているなら攻めるしかないが、PK戦ならどうなっていたかわからないわけで、確かに監督、だめすぎです。大熊さん、とくに独自の戦術をもってるわけでもないし。

来年の東京J2ダービーは、殺伐としたサポの罵倒しあいが始まりそうだ……。わら

« タイムマシンは発明されていた! | トップページ | さかなクン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイムマシンは発明されていた! | トップページ | さかなクン »