« ぶたくん、 | トップページ | イグノーベル賞 »

2010年12月14日 (火曜日)

永井雄一郎選手

ROM人さんへ、

ええと、ウィキペディアによれば、清水にいるみたいですね。

彼も、イケメンだ。

 

 

「世の中の人間は、おおきくいって、ふたつにわけられる。永井やツネ様や田中たつややギタリストみたいなイケメンと、ととろやぶたくんやゴンみたいな、非イケメンと、にだ」(かってに改蔵より)

 

 

 

ところで、ととろの友達にも、ながいくん、という知り合いがいました。

彼は、農獣医学部の大学生でした。あ、、、、そうだ、偶然、ミキティと、同じ学年、同じキャンパスだったはずなので、ふたりはキャンパスであっている可能性があります。動物のお医者さんとかがはやるずっと前です。で、卒業のとき、獣医師の国家試験を受けるんですが、当時は、合格率98パーセントの試験だったらしいんですが、かれは、それにおちてしまいました。わら

そんな彼ですが、実は、サークルで、(フィルムの)8ミリ映画とかをとってました。で、当時ディレクターズカンパニーが、脚本公募、とかをやっていて、枚数制限がなかったので、かれは、めっちゃ長い脚本、確か200文字詰めで510枚だったか、そういうのを書いて、郵便局から、定形外普通郵便でおくろうとしたら、郵便局の中の人に、「これ、郵便小包のほうが安いですよ」とかいわれて、そうしたらしいです。

……そして予想通りにおちました。

でも平和にサラリーマンをやってるようです。わら

« ぶたくん、 | トップページ | イグノーベル賞 »

コメント

ととろさん永井選手について調べていただき、ありがとうございました。
自分も間違いなく非イケメンのカテゴリーにいる筈。

ただ、中学校の同期のH君は、彼も非イケメンだったが、
やたら弁の立つ男であったので、一流大学で弁論部に入って、
今や大手監査法人で年収1千万とか。

どうして差がついたか、慢心、環境の違い・・

などではなく、
H君は常に偏差値70越えの頭脳派だったので、
今の境遇もうなずけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぶたくん、 | トップページ | イグノーベル賞 »